イオン銀行とセブン銀行

地銀や大手銀行、ネット銀行と少し毛色が違うのがイオン銀行とセブン銀行です。
どちらも、小売ビジネスから銀行業務に幅を広げた銀行であり、今まで全国に広げてきた店舗を小さな窓口とし、ネットだけで業務を行っている銀行とも少し形態が違います。

メリットは、どちらも店舗にATMを置いていること。買い物にイオンやセブンを使う人にとってはATMによる出し入れもしやすく利便性が良い銀行と言えるでしょう。セブン銀行の場合、さらにコンビニATMでの利用の利便性が高く、銀行機能もついているので、若者層には受け入れやすい銀行として位置づけられるのではないでしょうか。

普通預金の金利優遇や地銀同様の定期預金のキャンペーンなども時期によっては実施されており、銀行のカードを持っていながら買い物などでポイントもたまる、すぐれものとも言えます。
しかし問題は、利便性。
イオンに買い物によくいく人や、近所に住んでいる人なら使い勝手はかなり良いですが、近所に店舗がなければ通常の地銀を使っていても相対差はありません。セブン銀行の場合、コンビニATMがあることでイオン銀行よりもコンビニさえ近くにあれば使い勝手はよさそうです。金利優遇に加えてポイントもためることができる。近所に店舗があるのであれば、ファミリー層にはイオン銀行やセブン銀行は地銀より便利な存在といえそうです。
 




  Copyright (C) 銀行預金金利情報Net